マヌカハニーの危険性とは?摂取量を教授に聞いてみた

こんにちは、底辺PTです。

マヌカハニーと言ったら、めちゃくちゃ健康にイイ!抗菌作用!

だけど、危険性ってあるの?と聞かれたら答えられますか?

 

この記事を読むとマヌカハニーの学術的な危険性が分かります!

マヌカハニーの抗菌成分である、メチルグリオキサール(MG)

学術論文ではMGがけっこう怖い感じで紹介されています…。

 

記事の内容

・マヌカハニーの抗菌成分はメチルグリオキサール(MG)

メチルグリオキサールが体にたまるとどうなる?

・2つの危険性を紹介します。

・どれくらい食べると危険?

一般の方でも5分で読める!

学術論文を参考にしていますが、カンタンに読むことができますよ!

 

メチルグリオキサール(MG)

メチルグリオキサール(MG)

 

マヌカハニーの特徴は、抗菌成分であるメチルグリオキサール(MG)が多く含まれていることです。

メチルグリオキサールには強い抗菌作用があり、菌の増殖を抑える働きがあります。

 

ネットでマヌカハニーを検索すると善玉菌が増える!だったり、新型コロナに有効!だったり、

いい情報ががズラッと並びます。

普通のハチミツと比べて高価で、セレブやアスリートにも人気ですからね。

 

 

しかし、抗菌成分であるメチルグリオキサール、

学術論文で調べると、決して体にいい成分とは言えません

 

 

メチルグリオキサールの危険性

メチルグリオキサールの危険性

 

ネットでマヌカハニーと検索すると体にいいという記事が多いですが、

メチルグリオキサールと検索すると、体に悪影響がある論文がちらほら出てきます

 

 

統合失調症の症状

統合失調症の症状

 

日本医療研究開発機構の発表では、メチルグリオキサールが蓄積すると統合失調症の症状が出るとの報告があります。

なんとも恐ろしい発表…。

 

体の中にはグリオキサラーゼ系というメチルグリオキサール(MG)を無毒化する働きがあります。

なんらかの障害によりグリオキサラーゼ系が働かない場合、メチルグリオキサール(MG)が無毒化されず、蓄積します。

すると、統合失調症の症状が出る危険性があるという発表です。

 

統合失調症の症状

・いつも不安そうで緊張している

・被害妄想

・ひとり言をいう

・命令する声が聞こえる

厚生労働省:統合失調症

 

 

糖尿病の合併症

糖尿病の合併症

 

糖尿病はメジャーな病気です。

甘いモノが食べれなくなったり、食事量が指導されたり…。

しかし、糖尿病の本当の怖さは合併症にあります

 

糖尿病には三大合併症というものがり、神経障害網膜症腎症があります。

糖尿病が進行すると、これらの合併症により失明や足の切断にまで及ぶことも。

 

合併症の原因は、高血糖により血管の内側がキズつくからと言われています

体内で糖が分解されると複雑な化学変化をへて、メチルグリオキサール(MG)が作られます。

特に血管の内側にメチルグリオキサールが多く作られるとの報告があります。

 

メチルグリオキサール(MG)は活性酸素種という成分を増加させ、

その活性酸素種が血管の内側に酸化ストレスを与え、血管をボロボロにします。

つまり、糖尿病になった状態で血管にメチルグリオキサール(MG)が蓄積すると、三大合併症へ進行する危険性があるということです

 

 

どれくらい食べると危険?

どれくらい食べると危険?

 

ここまで、抗菌成分であるメチルグリオキサール(MG)の危険性を紹介しました。

では、実際どれくらいマヌカハニーを食べると危険なのか?

 

栄養学の大学教授に確認したところ、現実的なマヌカハニーの摂取量では危険性はないとのことでした

ある実験では毎日20gずつを、4週間継続しても腸内細菌に大きな影響はないとの報告があります。

ハチミツの20gは約大さじ1杯。

毎日大さじ1杯を1ヶ月食べると、モノにもよりますが月5,000〜10,000円程度。

 

このくらい食べてもなんら問題はないということでしょう。

そもそも、どんな食材も食べ過ぎるのは良くないですけどね。

 

 

まとめ

今回はマヌカハニーの危険な成分について紹介しました。

まとめ

・特徴であるメチルグリオキサール(MG)は危険性がある。

・MGが蓄積すると、統合失調症の症状がでる。

・糖尿病になると血管のMGがきっかけで、血管の内側がボロボロになる。

ヌカハニーを普通に食べる分は問題なし。

そもそも、メチルグリオキサールが体に入ると無毒化されるんですね。

グリオキサラーゼ系の働きです。

これではマヌカハニーの売りである抗菌作用もどこへやら?

もしかすると、マヌカハニーの抗菌作用は体内では期待できないかもしれませんね。